テニス栄養

最高のコンディションで迎えますように

テニス栄養

最初のサポート

投稿日:2018年6月10日 更新日:

4.今のテニス栄養は息子のサポートを通じて構築していきました。
水泳を3歳から始め育成で泳いでいたのにテニスに魅力を感じてテニスを始めた1年、そこから18歳まで、全国、海外の試合も行かせていただきました。決してエリート選手ではありませんでしたので選手や親の葛藤もよくわかります。それもテニス栄養の柱の1つとなっています。今はたくさんのサポート選手の第2の母です。

最初は18歳以下ラスト選手2名、プロ1年目の3名のサポートからはじまりました。娘年代ですね。娘がいないので娘のように見ました。
最初は間違った考え方をしていました。
例えば糖質を極端に抜いてしまう。
栄養素で1番はやくエネルギーになるのが糖質、これを抜けば体重はおちますが、テニス競技にはどうでしょう?
3セットマッチを戦い抜くエネルギーがないと、また戦略を考える能力がないと最高のコンディションは迎えられませんよね。まずは正しい知識を日々の食事からお伝えしていきます。
例えばこの食事だと、、、となるわけです。
テニス栄養サービスメニューの中に個人サポートがあります。2から3か月で目標の試合で最高のコンディションで迎えられ不要に日々ワンツーマンでサポートしていきます。
3ステップありまずは基本の食事、バランスを整えます。簡単そうですが実はなかなかできないところ、根気よく、選手目線で対応します。なかにはストレスだっあたり、悩み事も聞き、少しでも楽に、食事がちゃんととれるようケアしていきます。
個人サポートは1番上の、、スペシャルサポートです。

-テニス栄養

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スタッフ紹介 いつも気にかけてくれて感謝です。

テニス栄養スタッフ 鈴木博子 彼女は娘さんのテニスのサポートで問合せいただきました。まだ世田谷区で講座を開催していた頃でした。 いつも気にかけていただきそしてお世話になり助かります。 彼女は普段はご主 …

テニス栄養のはじまり

息子のサポートを終え、自分で何かはじめようと思いました。 以前は病院勤務でしたが臨床にはブランクがありすぎ戻れない。 例えばYahoo!やGoogleで検索し私にヒットするには、、管理栄養士、無理、ス …

スタッフ、仲間、トップバッターは

私が今日あるのもスタッフの皆様に支えられての私、テニス栄養 です。 支えてくれているスタッフを1人ずつご紹介します。 まずは小田島友樹 。 私がテニス栄養をはじめて1年が経つところでなかなか管理栄養士 …

今日は日刊スポーツ朝刊の日

部活弁当新聞の発売日! 第4木曜日に日刊スポーツ新聞の朝刊に掲載していただいてます。 この部活弁当は著書、部活弁当から広がりました。 そして今年4月から1年シリーズで、また5週ある時は、参加型の部活弁 …

生まれ、息子達、サポート選手、そして彼について

山口美佐って、、 今日は自分で自分を分析してみようかな、、 1964年、東京オリンピック、東海道新幹線開通年に生まれました。 そんなこというと、、すごくおばあちゃんのようだけど、、まだまだ頑張ってます …